2017年09月01日

タイなす収穫

タイなす.jpg

最初の一個を収穫したのは8月9日。
普通の黒ナスに比べるとかなり遅い。我が家の畑の土がお気に召さなかったのでしょうか?
でもころころしていてかわいい。色もエメラルドグリーン(?)で綺麗。


まず、半分に切って油で焼いて醤油で食べてみました。
皮が硬い!

8月中旬頃には7個収穫出来たので、タイカレーを作ってみました。
市販のグリーンカレーペーストを使用。

まずこの独特な香り、パクチーと初めて出会った時に似ている。
もしかしてペーストに入っているコリアンダーとパクチーって同じもの?

そして辛いっ! 私には辛すぎるっ!
でも味はいい。すごく美味しい。タイなすもとろっとしていて美味しい。
この香りと辛ささえなければ最高!なんだけど・・。

天ぷらもまあまあだけど、煮物がおすすめかな。


posted by べじべじおばさん at 14:12| Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ビロードみたいな蛾?

ビロードハマキ.jpg

家の外にある水道付近で発見。
なんだこれーっ! 新種のムカデ?とおそるおそる近づいてみると、どうやら蛾のようだ。
体長約35mm。
普通蛾って羽を開いた状態でとまってるよなぁ。変なやつ。
それにしても綺麗な蛾です。

調べてみました。
名前は「ビロードハマキ」。見た感じ、ビロードっぽくないけど・・。

近畿地方で多く見られるらしいが、ここは関東です。
幼虫は、シイ、カシなどの広葉樹につくらしいが、この発見現場近くに広葉樹は見当たりません。いったいどういう経路でここに来たんだろう?

まぁ、羽があるんだし、飛んでいて疲れたのでここいらでちょっと休憩、ってとこでしょうか。


posted by べじべじおばさん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

不耕起ファーマー012

臭くない?.jpg

マーさん・・阪東政五郎。40歳くらい。
      3年前から自然農法で野菜を育てている。
きんぎょ・・阪東家の猫。雄。6歳。

臭い?.jpg

2本とも実話です。
うちの猫はカメムシの他に、アリ、クモ、小さい蛾なども食べます。
他の作品も多少脚色してありますが、ほぼ実話です。


posted by べじべじおばさん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 不耕起ファーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

へんぼん紹介

◆「ざんねんないきもの事典」◆
今泉 忠明 (監修), 下間 文恵 (イラスト), & 2 その他

「イルカは眠るとおぼれる」「マグロは24時間泳ぎ続けないと窒息する」「オオアタマガメは頭が大きすぎてこうらに入らない」「牛は1日に180リットルのよだれを出す」など、進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった122種の生き物たちをご紹介しています。

今泉忠明さんは東京水産大学卒の動物学者。お話もすごく面白い。

◆「トタニズム」◆
イシワタ フミアキ (写真)

無機質な都市の中にさりげなく佇むトタンの美しさ、面白さを一冊の本に凝縮。
その辺にある錆びたトタンが見ようによってはアートに! ふーむ、なるほどそう言われれば・・。
子供の頃に住んでいた家の屋根がトタンだったので、当時の事をあれこれ思い出してしまいました。

◆「奇界遺産」◆
佐藤 健寿(著)大型本

フォトグラファー、佐藤健寿が過去五年に渡って世界を股にかけ、撮影・取材した世界の奇妙な人・物・場所。訪問国40を超える、壮絶な現地取材を敢行。世界の奇妙なモノをただひたすら撮影、集成した強烈な写真集。
漫画みたいな南の島(ミクロネシア連邦共和国)・ 貝殻で作ったファンタジック霊廟(台湾)・狂ったディズニーランド(ベトナム)・ 無重力実験博士のマンション (カナダ)・ 50年間、一人で大聖堂を作る男 (スペイン)など、テレビでは紹介されない変なものばかりの写真集。

高いので購入は検討中。
奇界遺産2も2014/3/25に発行。




posted by べじべじおばさん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | へんぼん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

へんやさ種まき 2017

へんやさ種まき2017.jpg

今年育てる予定のへんやさです。

●浜ニュークリーム(つる新)
クリーム色のピーマン。完熟果はオレンジ色。
ピーマン臭が少なく、甘くて食べやすい。パプリカとは違うらしい。
●タイなす(つる新)
直系5cmくらいの緑色のなす。別名「マクアポ」
タイ料理には欠かせないらしい。これを機にタイカレーに挑戦してみよう。
●スティッキオ(e種や)
イタリア野菜。スティック状のフィノッキオ。
生でサラダに。天ぷらや蒸し料理などにも。
●ゴルゴ(e種や)
イタリア野菜。断面が渦巻状で、独特の甘味がある。
根の部分を薄くスライスしてサラダなどに。
場所がないので秋蒔きの予定。
●石化大豆(国華園)
未知の野菜らしく、情報が少ない。
観賞用らしいが、普通の大豆と同じように食べられる。
●スウィートダンブリング
クリーム地にグリーンのストライプ模様のおもちゃかぼちゃ。
種袋には「観賞用なので食べないで下さい」とあるが、食べられるという人もいる。どっち? うーん・・実が付いてから考えよう。

去年育てる予定の「ひよこ豆」、ポットに蒔いたのだけれど高温のせいで煮豆になってしまった。結構繊細なやつなのね。
てなわけで今年再挑戦。
posted by べじべじおばさん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする